モブ山のスケベレポートブログ

私モブ山のスケベな記録を書いただけのレポートです。

ガチャを回す前にちょっと一息

本日はいつものレポートとは主旨の違う内容とする。
所謂音声作品についてだ。

私のおすすめを記したいと思う。

 

  • 音声作品とは

まず音声作品とは何であるかという疑問を持つ人に説明をしよう。(知っている方は飛ばして良い)
音声作品とはその名の通り音声の作品である。
音楽ではない。
立体的な音響機器を使い聞くものに臨場感溢れる体験を与えてくれる。
他にも耳かき音等といった物で作品の世界観に引きずり込む要素ある音の存在も大きい
気になる方はニコニコ動画等で耳かき音声と調べてみると良いだろう。
ちなみに立体的な音を用いた作品の為イヤホン及びヘッドホン等を用いて聞くことを推奨する。
もしこの記事を見て音声作品に興味を持った方はDLsiteと言うサイトを覗いて見ると良いだろう。

 

  • 私的おススメ作品

という事で今回おススメする作品はどれもDLsiteで購入可能な作品である。

とはいえどれも人気の作品な為既に知っている方は多いだろうから期待は控えめで頼む。

 

まずこの作品である。

www.dlsite.com

値段も216円とお手軽であるのと同時に総時間が1時間半と優れたコストパフォーマンスを誇っている作品だ。

音声作品のリュウではないかと思っている。

音声作品を初めて楽しむ人におススメしたい。

質も高い事はコメント等を見れば理解できるだろう。

だが個人的におススメポイントは豊富なシチュエーションと言える。

音声作品における王道展開である耳かきは勿論散髪や洗髪といった髪にまつわるものまである。

私が好きなのは散髪パートである。小刻みに聞こえる鋏の音が大変聞き心地が良い。

 

お次はこちらである

www.dlsite.com

タイトル通りひたすら羊を数えるのが特徴だ。

途中途中で台詞が入ったりする。

そこらへんはトラックで分かれている為お好みで調整するのをおススメする。

私は1週間のうち3日ぐらいの頻度で聞いている気がする。

 

3つ目だ

www.dlsite.com

この作品はアダルト要素を含んでいるからよい子の未成年は20になるまで我慢だぞ。

クールなメイドさんに奉仕されていき最後はえっちな事をしてしまう作品だ。

アダルト要素のある音声作品の王道的な流れを踏んでいる。

収録時間も結構長いため日を跨いで聞くと距離感が変わっていく感じを味わえて楽しいかもしれない。

個人的には冒頭の注意事項が地味に好きだったりする。

後続編もある。

こちらは別のヒロインが登場するためハーレム的な楽しみを得られる。

しかし一人のヒロインとの距離感を楽しむ作品としての価値は下がっていると言えなくもないから好みが分かれる。

4つ目だ

www.dlsite.com

まさにこの時期にこそおススメしたい作品だ。

昔離れ離れになったヒロインと再会して花火だったりを楽しむと言った作品だ。

音と作風がベストマッチしているのが評価ポイントだ。

結構な頻度で聞いている。

 

5つ目だ

www.dlsite.com

完全アダルトな作品である。

タイトルを見ればどのような作品かは概ね想像できるだろう。

ヒロインの人妻にとって主人公はあくまで遊び相手であるという一線が引かれている部分にもどかしさと安堵感を与えさせてくれる。

加えて妄想も捗るだろう。

 

6つ目だ

www.dlsite.com

またもやアダルト作品で本当に申し訳ない。

客として嬢に接客される作品である。

客とスタッフと言った明確な距離感が良いですよね。

しっかりと店である事をわかるような雰囲気作りが良いです。

 

7つ目

www.dlsite.com

冬が舞台の作品の為この時期にはおススメしにくい作品ではある。

だがこの作品の真価を発揮するのは冬だ。

冬の朝布団から出たくないし、まだ寝たい人にこそおススメだ。

シャークネードが来た時のフィンシェパードぐらい頼もしい。

ヒロインがダウナーな性格だったりひたすら布団でのやり取りなので落ち着いて聞き続けられる。

私はこの作品で沢山二度寝した。

 

8つ目だ

www.dlsite.com

クールな後輩とひたすら一緒に過ごす作品だ。

ときめいて死にたいオタクは聞いてほしい。

こちらの作品は従来の音声作品と違いどちらかと言えば美少女ゲームのような印象を抱かせる作品だ。

仮に新作を出すのならばその時は耳かき等の要素を入れてくれると嬉しい。

ボーナストラックの短いセリフ集が良い。

 

ラストはこれだ

www.dlsite.com

今までの作品とは違い音声が無いのである。

音声が無い音声作品とは如何なものであるが、そこが良い。

正直に言うと可愛い声をバリアの張れない距離で聞いていると落ち着かない日があるのだ。

だが耳かきの音は楽しみたい。

そんな日に聞いてしまう作品だ。

純粋な音だけを楽しむ事ができる。

 

以上で紹介を終える。

おススメの音声作品があればコメントに書いてくれると嬉しい。